お問い合わせ

オリジナル技術の「TOP処理」で
スティッキング打錠障害を解決。

薬剤が杵の金型表面に付着するスティッキングが原因となるトラブルは、多くの錠剤メーカー様を悩ませています。
なぜ、薬剤の粉末が杵に付着してしまうのか? どうすれば薬剤の杵付着による打錠障害を防げるのか?
ツー・ナイン・ジャパンでは、長い年月をかけて研究開発を続けた結果、従来の表面処理とは反対の『逆点の発想』に辿り着きました。
表面処理前の下地を面接触から点接触に変えることで、薬剤に対する金型の離型性が高まり、薬剤の杵付着が解消されることを発見
したのです。これを実用化したのが、オリジナル技術の「TOP処理Jシリーズ。
この画期的な技術の発明は、特許に認定されたのはもちろん、文部科学大臣賞、京都市「オスカー認定」ほか、数々の受賞に輝きました。

「TOP処理」シリーズ

4種類の「TOP処理」杵の金型表面テクスチャーをレーザー顕微鏡で観察。
錠剤を構成する粒子成分の粒径分布に応じて、最適な表面粗さの「TOP処理」杵を選択すれば、薬剤の打錠成形時に起こるスティッキングを最小限に抑制可能です。

錠剤成形のニーズに応じて、鏡面から梨地まで表面形状の異なる4種類の「TOP処理Jを施した標準仕様の杵製品をご用意しています。
また、スティッキングなど、お悩みの症状に合わせて、最適なカスタム仕様の杵製品をご提案させていただきます。

既存の杵にも、「TOP処理」加工は可能です!

「TOP処理」加工は、「杵を作り替える費用や時間は抑えたいが、杵の薬剤付着をなんとかしたい」というニーズにもお応えできます。
ご要望の内容や期間に対応した「TOP処理」加工をご提案させていただきます。

錠剤製造の現場で、
こんなお困りごとはございませんか?

CONTACT US

ツー・ナイン・ジャパンの最先端オリジナル技術で
一挙に解決します。
どんなトラブルにも迅速に対応します。
お気軽にお問い合わせください。