お問い合わせ

打錠用金型に最適な性能の
鋼材を選り抜く。

「ESR」国内使用No.1
年間実績およそ50t

ツー・ナイン・ジャパンでは、金属材料メーカーの協力を得て独自の試験研究を進め、試行錯誤の末、エレクトロスラグ再溶解(ESR: Electro Slag Remelting)法で精錬した最高純度の特殊鋼材「ESR229」が耐欠け・割れ性、耐摩耗性に優れ、さらに鏡面特性や表面コーティング特性をもたらす精密金属加工性にも優れた、最高性能の打錠用金型の素材になることを見いだしました。

錆びにくい鋼材「SRS-UP」

これまで、高い硬度と耐食性を両立するステンレス鋼の実現は難しいとされていましたが、ツー・ナイン・ジャバンでは、長年の研究開発の結果、高硬度と高耐食性を兼ね備えた鋼材「SRS-UP」の開発に成功しました。

エレクトロスラグ再溶解
(ESR: Electro Slag Remelting)法

ESR法は、一度精錬された鋼材を再溶解し、不純物や介在物を取り除く精錬法です。
ツー・ナイン・ジャバンは、再溶解プロセスを繰り返して不純物や介在物を徹底的に除去した超高純度「ESR」特殊鋼の採用により、より硬くて靭性のある打錠用金型の開発に成功しました。

ESR229

汎用冷間ダイス鋼SKD11や標準鋼に比べて、耐欠け・割れ性や、耐摩耗性、鏡面加工性を飛躍的にアップさせた高性能鋼材です。
表面処理がメッキのみの標準鋼とは違い、多様なコーティングも可能。多方面でパランスに優れた金型用素材です。

ESR293

耐摩耗性に優れたSKD11やモリブデン系高速度鋼SKH51の長所を伸ばしつつ、欠点だった耐欠け・割れ性を大幅に強化した新素材です。
鏡面性や表面コーティング加工性でも高いパフォーマンスを発揮します。

SRS‐UP

既存のステンレス鋼には、硬いものはサビやすく、サビにくいものは強度が足りない、というジレンマがありました。ツー・ナイン・ジャパンでは、金属素材メーカーと共同開発に取り組み、ステンレスに、硬度を増すための炭素原子を限界まで、さらに窒素原子をバランスよく混入し、「ESR229」に迫るほどの硬度を実現。高い硬度と耐食性を兼ね備えた打錠用金型素材「SRS‐UP」を開発しました。

  • ・腐食性の高い製剤への適用。
  • ・コンテイメント機によるウエットダウン。

錠剤製造の現場で、
こんなお困りごとはございませんか?

CONTACT US

ツー・ナイン・ジャパンの最先端オリジナル技術で
一挙に解決します。
どんなトラブルにも迅速に対応します。
お気軽にお問い合わせください。