お問い合わせ

ツー・ナイン・ジャパンには
他にはない発想と実績がある。

01 薬と健康食品の錠剤製造分野で
高いシェア。

マネのできない技術・製品の開発やサービスを
展開し続けています。

私たちツー・ナイン・ジャパンの主力製品は、錠剤成形用金型の杵と臼。既存の常識では「そんなのムリだよ」と否定される技術・製品やサービスを、新しい発想と工夫を重ねて実現してきました。
それらの実績は、多くのお客様から大好評いただき、高いシェアを獲得するようになったのです。

02 素材から
研究開発しています。

高品質・高性能な鋼材を惜しみなく投入し、
オリジナル仕様の杵と臼を製造しています。

よい錠剤を安定して製造するための決め手は、何といっても金型素材となる鋼の物性です。
そこで、弊社では、金属材料メーカーの協力を得て、独自の錠剤成形用金型に最適な高品質・高性能なオリジナルの鋼材を開発しました。
製造中に杵の欠け・割れを始め、摩耗やサビなど、多様な打錠障害の発生による頻繁な金型交換が、大きな悩みのタネになっています。
私たちツー・ナイン・ジャパンは、硬度と靭性に優れた超高純度「ESR」特殊鋼材や、高硬度と高耐食性を兼ね備えた高性能な「SRS‐UP」鋼材を採用した、オリジナル仕様の錠剤成形用金型『杵・臼』を製造・提供し、さまざまな打錠障害を解決に導いています。

技術と製品 - 素材

03 打錠の困りごとなら
何でも技術で解決。

製薬メーカーや健康食品メーカーをお手伝いする技術や製品を開発しています。

打錠工程には、さまざまなトラブルがつきものです。その代表事例は、金型の杵に粉末が付着してしまう、杵がすぐに割れたり欠けたりする、できあがった錠剤に傷が入ってしまう、……等々。錠剤の製造現場では、トラブルが起こるたびに製造ラインを止めざるを得ず、大きな損失となってきました。
ツー・ナイン・ジャパンは、そうした数々の打錠障害を解決する画期的な技術や製品を、実用化してきました。

  • ・杵の下地処理技術[TOP処理]と表面セラミックコーティング技術。
  • ・先端部と軸頭部にそれぞれ最適な素材の利用を可能にするオリジナルの異種金属接合[DMC]技術。
  • ・臼の細孔内側面のセラミックコーティング技術。

これらのオリジナル技術を駆使し、錠剤製造現場で発生する“困りごと”を解決しています。

技術と製品

04 行政や研究機関から太鼓判。

さまざまな認定や受賞を受けています。

ツー・ナイン・ジャパンが開発した多数の技術や製品は、医薬品や健康食品の錠剤製造現場の数々のトラブルを解決する画期的な成果で、特許技術として認められています。
また、2003年に「オスカー認定」(京都市)を受けたのを皮切りに、京都市・京都府・国(経済産業省、文部科学省)などから数々の認定を受けるなど、各方面から高い評価を受けています。

数々の認定と特許技術
  • オスカー認定 TOP処理(京都市)
  • 京都府創造法知事認定(六価クロムフリー)
  • 特許第3999051号打錠成形用の杵およびその表面処理方法
  • 経営革新計画 京都府知事 認定
  • 特許第4278113号 打錠成形用杵のリサイクル方法
  • 近畿経済産業局新連携事業計画 認定
  • 知恵の経営 京都府知事 認定
  • 京都エコスタイル製品 認定
  • がんばる中小企業300社 認定(経産省)
  • 元気印中小企業認定制度 認定(京都府)
  • 第6回知恵ビジネスプランコンテスト 認定(京都商工会)
  • 第60回京都府発明等功労者表彰 最優秀賞受賞(京都府)
  • 平成29年度 文部科学大臣表彰科学技術賞 受賞

05 産学公連携で英知を結集。

信頼できる人々や試験研究機関と、
ともに夢を描き、共同研究を推進しています。

ツー・ナイン・ジャパンでは、公的試験研究機関や大学との連携にも注力しています。
京都地域のモノづくり企業の発展を総合的に支援する公的研究機関。新しい打錠成形技術の研究開発やサービスモデルの構築提供を通じて、錠剤成形技術分野のさらなるイノベーションをめざしています。

(地独)京都市産業技術研究所と共同開発した金属表面自動研磨システム

06 新工場で高速・高品質な
ものづくり。

京都府 園部工場で、
製造ラインのDX化推進。

ツー・ナイン・ジャパンでは、2021年5月の新工場開設を機に、職人の手作業が培った数々のノウハウを活かしつつ、職人技を生産ロボットに移植し、製造ラインのDX(ディジタルトランスフォーメーション)化推進するプロジェクトに着手しました。2022年5月現在、園部工場には各種の生産ロボットが多数配置され、高品質・高性能な錠剤成形用金型製品の製造ラインが高効率かつ高速で稼働しています。
DX化推進プロジェクトを通じて、ツー・ナイン・ジャパンは伝統と先進の融合による新時代のモノづくり企業へと進化し、製品の受注から納品までの期間が大幅に短縮しています。
お客様のニーズに応えうる、最善の生産体制確立をめざし、ツー・ナイン・ジャパンは今後とも一層の改善活動を続けてまいります。

工場案内

07 地域に、歴史文化に、
貢献する。

拠点では、ものづくりをするだけではなく、
環境もつくる。

ツー・ナイン・ジャパンの拠点を訪れた人々は等しく、本社ビルや工場が想像していたイメージと大きく異なることに驚くでしょう。
京都市内にある「本社」は、京景観適合建築物に認定されています。また、その近くにある「智慧夢工房/R&Dセンター」は、有形文化財として登録されている、歴史ある建物。
ここでは、伝統的な京町家を継承・保全しながら、最先端の研究開発を推進しており、歴史都市ならではの光景を繰り広げています。
そして、京都府南丹市園部町の新光悦村に開設された「園部工場/生産技術開発センター」は、緑豊かな環境にある郊外型工場。敷地内の緑地全面にシバザクラが植えられているなど、地域の人々にも安らぎの場を提供する工場を目指しています。

地域や歴史文化への貢献と、最先端の企業活動を両立させる。
ものづくりだけではなく、次世代に送り伝える環境もつくる。
それは、京都の百年企業にルーツをもつツー・ナイン・ジャパンが何よりも大切にしていることです。

錠剤製造の現場で、
こんなお困りごとはございませんか?

CONTACT US

ツー・ナイン・ジャパンの最先端オリジナル技術で
一挙に解決します。
どんなトラブルにも迅速に対応します。
お気軽にお問い合わせください。