お問い合わせ

D-マンニトール処方の製剤で、バインディング傾向がみられ、改善を検討しているが、よい方法があれば教えてほしい。

錠剤の側面に傷が入るなどのバインディングは、多くの場合、臼の内径の問題から発生しています。
しかし、特に臼の穴が小さい場合は、内径の部分までコーティングが行き届かず、解決が困難でした。

そこで、ツー・ナイン・ジャパンでは、小さい穴の臼の内部までコーティングできる技術を、表面処理メーカーと共同で開発することに成功。
臼内径に「クリスタルTOP処理」を施すことで、バインディングを解消する技術を確立しました。

多くのお客様に採用していただき、バインディングを解決・改善に導いています。

技術と製品 - 特殊技術 >

錠剤製造の現場で、
こんなお困りごとはございませんか?

CONTACT US

ツー・ナイン・ジャパンの最先端オリジナル技術で
一挙に解決します。
どんなトラブルにも迅速に対応します。
お気軽にお問い合わせください。