お問い合わせ

杵はどれくらいで交換すればいいのか。更新の目安を知りたい。

杵の更新は、表面処理の摩耗と、金属疲労、その両面からの判断が必要になります。
表面処理が摩耗しているかどうかは、杵の外観から確認することが可能です。
金属疲労は、杵の外観から確認することは難しいため、ショット数などで管理をしていただくことをお勧めしています。
そのために大いに役立てていただけるのが、「TNJ杵・臼クラウド管理サービス」。

「TNJ杵・臼クラウド管理サービス」は、ショット数などでの管理は手間が掛かる上に、交換忘れなど人為的なミスも起こりがちだという、お客様からの声を受けて、ツーナインジャパンが、産技研(地独 京都産業技術研究所)およびASTEM(公財 京都高度技術研究所)と共同開発したものです。
このシステムでは、QRコードによって、杵1本・臼1個ごとに識別し、稼働状況を個別に管理することが可能です。杵・臼のショット数も、PCやスマホ専用アプリで、簡単に確認することができます。

錠剤製造の現場で、
こんなお困りごとはございませんか?

CONTACT US

ツー・ナイン・ジャパンの最先端オリジナル技術で
一挙に解決します。
どんなトラブルにも迅速に対応します。
お気軽にお問い合わせください。